ラガマフィンブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - ラガマフィン    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

ラガマフィン


英語表記
Ragamuffin

原産国
アメリカ

公認団体
CFAGCCF

毛種
長毛種

ラガマフィンの歴史

ラガマフィンの直系祖先はラグドールですが、この2種類の猫は相似点が多いため、有力な血統登録団体でも公認していない団体があります。
存在は古く、登録は新しい猫といわれるラガマフィンですが、こうなった事情は少々特別なものがあります。
ラガマフィン作出の経緯が複雑になった理由は、毛色や遺伝疾患のような猫そのものの問題ではなくて人間の問題、繁殖ビジネスと愛好家の確執からでした。

1960年頃のこと、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫の繁殖家ベイカーは、自分の飼っていた白いペルシャと地域に住んでいた猫を交雑させて、シールポイントのある長毛の猫を作りました。この時の雑種猫はバーマンかその雑種であったと推定され、さらに生まれた子猫にはバーミーズが交配されたようですが、正確な記録は残っていません。
こうして生まれたラグドールは、ベイカーが厳しく血統の管理を行い、既存の猫血統登録団体ではなく自らの設立した団体で管理を行うと同時に、繁殖を希望する人とはフランチャイズ契約を行うというビジネスに展開しました。商品価値のために猫の品種名を商標登録し、許可のない相手には使わせないということにしたのです。また、生まれた子猫の代金の数パーセントをベイカーの団体に支払うという契約もあったとされています。

ベイカーの管理するラグドールのスタンダードや、猫を介在させるフランチャイズビジネスに疑問を持ったラグドールの愛好家は、ベイカーから離れていきました。最初に離れた人たちはラグドールという名前を使うことにより、訴訟を起こされるなど複雑な問題に巻き込まれることになりました。
1990年ごろ、ラグドールをめぐる様々な状況を踏まえて、あとからベイカーのもとを離れた人たちは仲間を作って愛好家団体を設立し、ラグドールのスタンダードを変更すると同時に新しい名前を付けて、この大きな愛らしい猫の育種を続けたいと考えました。
そうして生まれたのがラガマフィンでした。

ラガマフィンの名前は「いたずらっ子」という意味と同時に「ぼろ服をまとった人」という意味があります。ラガマフィンの愛好家団体では、当初この名前を冗談半分でつけたそうですが、登録後の変更が不可とされたため、結局この名前に落ち着いたとされています。
また、現在ラガマフィンを公認していない主な団体はTICAですが、ラガマフィンとラグドールのはっきりした差異が認められるまで予備登録期間として観察が続けられているようです。
ラガマフィンの交配には異種交配としてラグドールを認める団体と、一切の異種交配を認めない団体があります。遺伝子プールを広げる目的のため、当初は特定の他の猫種との交配が認められていましたが、現在はほとんどの団体がペルシャやバーミーズなど他の猫種との交雑を禁じています。

ラガマフィンの特徴

ラガマフィンは、ラグドール同様、毛色にポイントが入る顔や手足などに特徴的な斑が入る、被毛はミディアムロングの猫です。大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い頬をしています。
大きな体に筋肉質のしっかりした体を持つロング&サブスタンシャルタイプです
標準的な体重はオス6.5kg~9kg程度、メス4.5~7kg程度です。

ラガマフィンの性格

ラガマフィンは甘えん坊で温和であり、人のそばにいたり抱っこされるのが大好きです。
他のペットや家族のなかにいても自分が一番愛されたいと望む猫らしい面がありますが、他の猫やペット、子供とも上手に付き合えますので、愛情をめぐる闘争心はなく、むしろ上の地位のペットや子供に自らすりよっていく面があります。

ラガマフィンの飼い方

ラガマフィンは遊び好きではありますが、ハンティングのようなダイナミックな遊びよりも、人間と小さなおもちゃで遊ぶのを好みます。高い所に上るのが好きということもありませんので、キャットタワー等を用意したい場合は低いものでも大丈夫でしょう。
ラガマフィンは体が大きく成猫として完成するまで3~4年はかかりますが、この時期を過ぎれば非常に落ち着いた猫になるでしょう。

賢く、扱いやすいため、しつけは難しくありません。リードをつけての散歩も可能です。
人見知りが非常に少ないため、ひとりで外へ出てしまったらよその家に上がりこんで暮らしてしまう可能性がありますから注意が必要です。

被毛はセミロングですので、少なくとも週に2~3回以上のブラッシングまたはコーミングで整えてあげましょう。

ラガマフィンの毛色

ラグドールが毛色を限定しているのに対して、ラガマフィンは遺伝学的に発生可能な毛色であれば、どのような毛色も認められています。
ポイントの入り方が完全でない場合や、ポイントの上にスポットが入ってしまうことも認められているようです。
ただし、公認登録団体によっていくらか幅があり、不完全なポイントや遺伝疾患につながりやすい白い毛色の分量によって認められない場合があります。

ラガマフィンの気を付けたい病気

ラガマフィンはラグドール同様、祖先猫の中にペルシャがいるため、かかりやすい病気や遺伝疾患もペルシャのものを引き継いでいます。多のう胞腎症や肥大型心筋症は代表的なペルシャの遺伝疾患で、ラガマフィンでも起こります。
また、遺伝性疾患ではありませんが、一般的に猫のかかりやすい病気として膀胱炎や尿結石があります。
長毛種一般としては、被毛の手入れを怠ると毛球症にかかりやすくなります。

ラガマフィンの価格相場

グループサイト、『みんなのラガマフィン子猫ブリーダー』における、直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約29万円、最高価格は43万円、最低価格は18万円です。
※一般的に子猫の価格は猫種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。


ラガマフィンの名前ランキング

2016年

男の子

1位
アル
2位
シエル
3位
ノア君
4位
マル
5位
星來
6位
7位
8位
9位
10位

女の子

1位
ココ
2位
フィノ
3位
マリー
4位
夢乃
5位
木綿
6位
琉月
7位
8位
9位
10位

ラガマフィンの子猫画像・写真

子猫情報から、グループサイト 『みんなのラガマフィン子猫ブリーダー』子猫紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

ラガマフィンのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのラガマフィン子猫ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    西保揖第200号-040048 (確認済み) ※有効期限:2019/11/12
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第011010178号 (確認済み) ※有効期限:2020/12/19
  • 動物取扱業登録番号
    11-市原健福3-11 (確認済み) ※有効期限:2022/03/08
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第061310238号 (確認済み) ※有効期限:2018/05/14
  • 動物取扱業登録番号
    15東京都販第003066号 (確認済み) ※有効期限:2021/01/18
  • 動物取扱業登録番号
    北海道第121310178 (確認済み) ※有効期限:2018/04/10

ラガマフィンへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ラガマフィンにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ラガマフィンの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのラガマフィン子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ラガマフィンの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ラガマフィンの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険