バーマンブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - バーマン    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

バーマン


英語表記
Birman

原産国
ビルマ(ミャンマー)

公認団体
CFATICAFIFeGCCF

毛種
長毛種

バーマンの歴史

バーマンは、現在のミャンマーであるビルマ原産とされていますが、猫種として成立した歴史的背景ははっきりしていません。9世紀から15世紀までのクメール王朝時代に残された記録の中に、バーマンに似た猫がいたとされています。バーマンの歴史で最も有名な話は、猫と僧侶をめぐる物語です。
ビルマの山岳地方にあったとされる寺院に、高僧に大切に飼われていた白い猫がいました。この寺には金の女神像が祀られていましたが、ある夜、盗賊に襲われてしまいます。
高僧は女神像を守ろうとした時に心臓発作を起こして亡くなってしまいましたが、これに気づいた白猫が物音を立て、若い修行僧たちが駆けつけて盗賊を追い払いました。
白猫は金色の女神の姿になり、可愛がってくれた高僧の魂は猫に乗り移り、この時4本の足先を遺して猫は金の毛色に変化したとされています。

物語にはなにひとつ証拠がありませんが、バーマンの白い手足の先は、西欧の猫愛好家の心を捕らえて放しませんでした。
20世紀の始めころ、ミャンマーではイギリスや中国(清帝国)が覇権を争い、支配下に置こうとしていました。ミャンマー国民にはこれに反対する動きもあり、内乱と外圧で治安が乱れ、便乗して強盗などが起こっていました。そんな中、何者かに襲撃された寺院を警護した2人のイギリス軍人がいました。当時、フランスのニースに住んでいた彼らが持ち帰った2頭の猫たちが、初めて西欧に渡ったバーマンであったとされています。オスの1頭は移送の旅行中に亡くなってしまいましたが、メスのバーマンはすでに妊娠していました。このメスと子猫たちが、最初のバーマンの繁殖の基礎となったとされています。

1925年にはフランスの猫血統登録団体がバーマンを公認しました。しかし、時代は第一次、第二次世界大戦下であり、世界中が食糧難に陥って、バーマンを始めペットの純血猫たちは激減しました。
戦後残っていた純粋なバーマンはたった2頭しかいなかったため、毛色の似ているシャムや長毛の猫を交雑し、猫種の復活のために計画繁殖されました。当初はシールポイントしかいなかったバーマンは、この時の交雑でブルーポイントなどの新しい毛色が生まれることになりました。
その後、1966年にはイギリスで、1967年にはアメリカでも公認されることになりました。

バーマンの特徴

バーマンは丸い顔にローマンシェイプと呼ばれる個性的な鼻、三角の耳に、美しく澄んだ青い目をしています。
中型よりやや大きく、標準体重は3kg~7kg程度のロング&サブスタンシャルタイプです。
被毛はミディアムロングのシングルコートで、ウサギの毛のようにサラサラしています。
最も特徴的なのは、白い手袋と靴下をはいたような四肢の先です。手の方はミトンまたはグローブ、足の方はレースと呼ばれます。

バーマンの性格

バーマンは落ち着いていて優しく、大きな体の甘えん坊です。家族を愛し、他の猫や犬とも上手に接します。辛抱強い面があるため、人間の子供との付き合い方も大変上手です。
家族みんなと仲良くできる猫ですが、気に入った相手には家の中で付きまとうほどの愛情を示します。バーマンは大好きな人の気を引くために、パソコンの入力や新聞を読むこと、洗濯物をたたむことなどのお手伝いをしようとすることがありますが、ほとんど役に立たないでしょう。

バーマンの飼い方

バーマンは明るく活発ではありますが、運動量が多いのは子猫から若猫時代の時期だけで、成猫になると落ち着いてきます。
遊び好きではあるものの、人間とのコミュニケーションを喜ぶようですので、おもちゃなどを使って遊んであげましょう。

バーマンはやや太りやすい傾向があり、中高齢になると運動不足で肥満が原因の疾患にかかる可能性もあります。
食事管理はしっかりと行ってあげましょう。

ミディアムロングの長毛で、さらさらしているためもつれることは少ないものの、抜け毛はあります。
週に1~2度くらいはコーミングやブラッシングを行ってあげましょう。

バーマンの毛色

バーマンの毛色はソリッドでは代表的なシールブラウン、ブルーソリッドや、シルバー、ライラック、チョコレート、クリーム、トーティなどがあります。すべての毛色でポイントを持ちます。

バーマンの気を付けたい病気

バーマンには遺伝性疾患がいくつかあります。
命にかかわるほどの重大な疾患は少ないものの、股関節形成不全(歩き方がおかしい、歩行不能になる)、肘や膝の脱臼(関節がゆるくはずれやすい)、先天性貧毛症(成長しても毛量が増えない)、先天性白内障などの眼病、尾端壊死(尻尾の先が血行不良で壊死する)などが時々起きているようです。
また、バーマンは戦後、ペルシャとの異種交雑を行ったことから、ペルシャに起こりやすい肥大型心筋症を引き継いだ個体があります。

平均寿命は10~13歳とされていますが、10才を越えるとシニアになりますので、加齢による疾患も起こりやすくなります。尿結石や腎不全、関節炎などは高齢になると起こりやすい疾患です。
食欲や運動、おしっこの様子などに注意して、気になることがあれば早めに動物病院を受診しましょう。

バーマンの価格相場

グループサイト、『みんなのバーマン子猫ブリーダー』における、直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約26万円、最高価格は32万円、最低価格は21万円です。
※一般的に子猫の価格は猫種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

バーマンの子猫画像・写真

子猫情報から、グループサイト 『みんなのバーマン子猫ブリーダー』子猫紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

バーマンへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※バーマンにおすすめの人気商品をご紹介しています。

バーマンの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのバーマン子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※バーマンの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> バーマンの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険