エキゾチックロングヘアブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - エキゾチックロングヘア    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

エキゾチックロングヘア


英語表記
Exotic Longhair

原産国
アメリカ

公認団体
CFA

毛種
長毛種

エキゾチックロングヘアの歴史

ペルシャのような顔立ちと柔らかな性質の被毛でありながら、短毛の猫であるエキゾチック・ショートヘア。作出から60年あまりのやや新しい猫種でもあり、育種の基礎猫であるペルシャの性質を引き継いだ長毛タイプが今も生まれます。この長毛タイプをエキゾチック・ロングヘアと呼びますが、エキゾチック全体、あるいはエキゾチック・ロングヘアだけを新しい猫種としては認めない血統登録団体も少なくありません。エキゾチックの基礎猫にペルシャがいるため、長毛の劣性遺伝をもつ猫どうしをかけあわせて生まれた長毛猫は、いわば「戻し交配」とも考えられてしまうからなのです。

エキゾチックとペルシャをめぐる事情はなかなかややこしく、先にエキゾチック・ショートヘアの成立から振り返っておく必要があります。
ことの起こりは1950年代後半、アメリカンショートヘアの銀灰の毛色をもつ長毛猫やバーミーズのブラウンカラーを求めて、ペルシャとの交配を計画したアメリカのブリーダーたちがいました。彼らの期待を裏切るように生まれてきたショートヘアの仔猫があまりにも魅力的だったので、これを洗練し独立させたのがエキゾチック・ショートヘアでした。

エキゾチックはその後もブリティッシュショートヘアロシアンブルーを交配に入れるなどしてショートヘアの固定化を図りましたが、それでもやはりロングヘアは生まれてしまいます。これを踏まえた上で、TICAと並ぶアメリカの大きな猫血統登録団体CFAは、エキゾチックをひとつのカテゴリーとしてペルシャとは別の猫種に認定し、登録の表記をショートヘア、ロングヘアと分けることにしました。
そして2009年、CFAはついにエキゾチック・ロングヘアにも、条件付きながらキャットショーの参加資格を与えるに至りましたが、他の猫登録団体はエキゾチック・ロングヘアをあくまでもペルシャとして扱っています。

犬と異なり、猫の新種の育種は比較的寛容です。その理由は種や遺伝子プールの多様性を追求することが、健康な猫の育成に役立つという考え方が基本にあるためですが、それでも登録団体によってスタンスはさまざまです。
作出開始から60年、時を経ても変わらない遺伝子の性質と度重なる交配による個性の変化、その二つの間でエキゾチックの猫種としての確立は揺れ動いてきました。しかしながら、本来、育種とは長い時間とさまざまなトライアル、そして多くの科学的・倫理的な議論に基づいて行われるべきもので、思いついたように人気の純血種をミックスして作られるものではありません。
現在もまだ進行中であるエキゾチックの育種は、愛らしく魅力的な猫たち以外にもたくさんの実りを、猫を愛する人類にもたらしてきたといえるでしょう。

エキゾチックロングヘアの特徴

丸い頭部にふっくらした頬、やや突き出して離れた丸い目、小さな鼻をしています。両耳の間は離れていて、先端が丸い小さめの耳です。四肢は短めで太く頑丈で、全体にどっしりした体形をしています。ペルシャと異なりしっぽは太めで短めの場合が多く、体重は3.5~6kg程度のコビーです。
なお、エキゾチック・ロングヘアを猫種として認定していない登録団体では、エキゾチック・ロングヘアのスタンダードはペルシャに準じます。

エキゾチックロングヘアの性格

穏やかで温和、鳴いたり騒いだりすることが少なく、平和主義でのんびりしています。
猫なのにハンティングが上手くないばかりか、成猫になるとまったく関心を示さなくなる個体もいます。
人に甘えるのも大好きですが、その割に依存心や嫉妬心も強くない個体が多いといわれています。

エキゾチックロングヘアの飼い方

落ち着いた性格のエキゾチック・ロングヘアですが、子猫から若猫までは活発です。
十分な広さの遊び場やキャットタワーを用意してあげるのが望ましいですが、冒険心が少なく不器用な面があるため、あまり複雑なものまでは必要ありません。安全を第一に考えて選んであげましょう。

家族であれば子どもとも他のペットとも仲良くできます。
初対面の来客などは相性を選びますが、もともと人が好きな猫であり、気に入った来客のことは覚えて懐いていく個体もいるようです。
しつけはやや難しいため、トイレのしつけなどは子猫の頃から根気よく教えてあげましょう。

長毛のため、衛生管理や毛球症予防のためにも定期的なブラッシングが必要になります。少なくとも週に1度はブラッシングをしてあげましょう。また、室内に猫草などを用意してあげるのも良いでしょう。

エキゾチックロングヘアの毛色

あらゆる毛色やパターンと、目の色が存在します。

エキゾチックロングヘアの気を付けたい病気

エキゾチック・ロングヘアは、ペルシャがかかりやすい疾患を引き継いでいます。
腎臓に多数の嚢胞(のうほう)ができて腎不全に移行してしまう多発性嚢胞腎、結膜炎、流涙症、白内障などの眼の疾患、心臓疾患が起こりやすいとされています。

また、猫一般に起こりやすい下部尿路疾患は腎臓の病気につながりやすいので、おしっこの様子には日頃からよく注意しておきましょう。
心臓疾患や尿路疾患は高齢になるほど起きやすくなりますので、シニアになったら定期的に動物病院で検査を受けさせてあげたいものです。

その他に、エキゾチック・ロングヘアは長毛猫のため毛球症や皮膚疾患には注意が必要です。
毛の手入れを嫌がらせないよう、子猫の頃からブラッシングには十分に慣らしておきましょう。

エキゾチックロングヘアの価格相場

グループサイト、『みんなのエキゾチックロングヘア子猫ブリーダー』における、直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約22万円、最高価格は40万円、最低価格は13万円です。
※一般的に子猫の価格は猫種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

エキゾチックロングヘアの子猫画像・写真

子猫情報から、グループサイト 『みんなのエキゾチックロングヘア子猫ブリーダー』子猫紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

エキゾチックロングヘアのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのエキゾチックロングヘア子猫ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    16東京都販第000584号 (確認済み) ※有効期限:2021/11/16
  • 動物取扱業登録番号
    第270431号 (確認済み) ※有効期限:2021/03/31
  • 動物取扱業登録番号
    動尾第914号 (確認済み) ※有効期限:2018/05/08
  • 動物取扱業登録番号
    京都府登録第030076-1号 (確認済み) ※有効期限:2022/09/19
  • 動物取扱業登録番号
    札保動セ登録第1529号 (確認済み) ※有効期限:2022/03/23
  • 動物取扱業登録番号
    15東京都販第003066号 (確認済み) ※有効期限:2021/01/18
  • 動物取扱業登録番号
    第227606111号 (確認済み) ※有効期限:2018/11/12
  • 動物取扱業登録番号
    栃木動愛セ11販第021号 (確認済み) ※有効期限:2021/10/31
  • 動物取扱業登録番号
    大阪府登録 第3288-1号 (確認済み) ※有効期限:2022/06/26
  • 動物取扱業登録番号
    兵動第1411426号 (確認済み) ※有効期限:2020/02/16
  • 動物取扱業登録番号
    第10463号 (確認済み) ※有効期限:2021/11/16
  • 動物取扱業登録番号
    大阪府登録 第1723-1号 (確認済み) ※有効期限:2019/06/22
  • 動物取扱業登録番号
    第004564号 (確認済み) ※有効期限:2020/01/19
  • 動物取扱業登録番号
    動本第817号 (確認済み) ※有効期限:2022/01/24
  • 動物取扱業登録番号
    第223309037号 (確認済み) ※有効期限:2020/01/06
  • 動物取扱業登録番号
    17東京都販第001798号 (確認済み) ※有効期限:2022/08/14

エキゾチックロングヘアへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※エキゾチックロングヘアにおすすめの人気商品をご紹介しています。

エキゾチックロングヘアの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのエキゾチックロングヘア子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※エキゾチックロングヘアの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> エキゾチックロングヘアの飼い主さんブログ紹介を見る