マンクスブリーダー子猫販売    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

マンクス


英語表記
Manx

原産国
イングランド(イギリス)

公認団体
CFATICAFIFeGCCF

毛種
短毛種

マンクスの歴史

マンクスはイギリス本土(グレートブリテン島)とアイルランドに挟まれた島・マン島を原産とする猫です。この島で暮らしていた猫の中に起きた突然変異種がマンクスであり、狭い島の中という事情で近親交配が多くおきがちであったことから、猫種として固定されることになったと考えられています。
イギリスでキャットショーが始まった初期の頃から出陳され、1870年頃には話題の猫種となっていたようです。マン島の住民のあいだでは、さらに300年以上前から存在が知られていたようで、16世紀にはいたのではないかという説もあります。

マンクスのしっぽが無くなった理由は、人々の想像を掻き立ててきました。
最も有名な物語として、ノアの方舟に駆け込もうとした猫のしっぽを船員が誤ってドアで挟んでしまい、無くなってしまったというものがあります。
また、中世マン島の戦士たちはヘルメットを毛皮で装飾するために、猫のしっぽを使うことにしました。そのことを知った賢い母猫が、生まれたばかりの子猫たちのしっぽを咬み切ってしまい、毛皮のために殺されることがないようにと図り、自分の産んだメスの子猫たちにその知恵を伝えたという物語があります。
マンクスは水をあまり怖がらず、泳げる個体もいることから、マン島付近で難破したスペイン船から泳いで脱出してたどりついた猫の子孫であるという物語もあります。
さらに、愉快な物語は、マンクスはメス猫とオスのウサギが恋をして結ばれた時に生まれた子供であるというものです。子供の動物についてどうするかを話し合った時、頭は猫から、足はウサギからと決められましたが、しっぽをどうするかでもめごとになってしまいました。これを仲裁した神様の案で、しっぽは無いことに決まったという物語で、前足より後ろ足が長いマンクスの体型から着想を得たのでしょう。

マンクスの特徴

しっぽがないことが特徴とされるマンクスですが、実はしっぽが完全にないタイプは全体の数割とされており、しっぽの長さは3タイプないし4タイプに分けられています。
完全にしっぽのないものをランピーと言い、ごく短いしっぽが折れたりねじれたりしているスタンピー、ボブテイルよりもやや短いしっぽがあるロンギーとありますが、ランピーとスタンピーのあいだにはランピーライザーというタイプもあります。これは尾の骨の1~2節程度が残っているもので、注意してみないとわからない場合もあります。どんなしっぽの子猫が生まれるかは両親のかけあわせに関係がないため、それぞれの発現率は定まっていません。
マンクスには、全体が丸いという特徴もあります。顔も手足も胴体も丸い、典型的なコビータイプです。標準的な体重は3kg~6kg程度の中型の猫で、ダブルコートの短毛です。
なお、時々生まれる長毛タイプはキムリックという名前で独立した猫種として登録されています。
また、キャットショーに出陳するマンクスはランピーだけとなっています。

マンクスの性格

家族に対して親しみますが、他人には人見知りをします。また、特定の家族をお気に入りにして、懐く傾向があります。子供の相手はあまり好きではないようで、自然に離れていることが多いようですが、一方で外敵に襲われた時など子供を含め家族を守ろうとするなど、忠誠心の強い面があります。
賢く、自立心があり、活発でよく働くネズミ捕りのハンターでもあります。
マンクスは母猫が子猫に狩りや遊びを教えることがしばしばあり、学習能力の高さをうかがわせる猫です。

マンクスの飼い方

後ろ足が長く快速で走ることができるマンクスは、優秀なハンターとしてネズミから穀物庫を守ってきました。
若猫から中年齢くらいまでは、十分な運動量を確保してあげたいものです。
後ろ足の力が強いため、高い所に上るのも好きですし、走ることも好みます。

自立心がありハンティング能力も高いため、外へ出してしまうと家から離れて生活し遠くへ行ってしまう傾向がありますので注意が必要です。

短毛ですがダブルコートですので抜け毛はあります。定期的にコーミングやブラッシングをしてあげましょう。
なお、ランピーの場合は、しっぽのあった場所の付け根あたりを触られることを嫌がる場合が多くありますので、気を付けてあげましょう。

マンクスの毛色

レッド、ブルー、ブラック等あらゆる毛色が存在し、ソリッド、タビー、シェード、スモークやバイカラーなどどのようなパターンも認められています。

マンクスの気を付けたい病気

しっぽのないランピーの遺伝子は致死性を持つ劣性遺伝であり、両親からそれぞれ受け継いで2つの遺伝子が揃うことで、致死をもたらします。ランピー同士の交配や、3代続けてランピーを交配することで発現しますので、禁忌とされている交配です。
この遺伝子は1つしかなくても疾患を発現することがあります。脊椎破裂、椎間板異常、膀胱や直腸の機能障害を引き起こし、最悪の場合は死に至ります。これらはマンクス症候群とよばれる独特の疾患で、生まれた子猫にその可能性があるかどうかは、生後半年近く経たないとわかりません。
ランピーの場合、健康な個体でも便秘や尿路疾患になりやすい傾向があると言われています。
平均寿命は健康な個体で10才~13才程度とされています。

マンクスへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※マンクスにおすすめの人気商品をご紹介しています。

マンクスの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのマンクス子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※マンクスの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> マンクスの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険