ドンスコイブリーダー子猫販売    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

ドンスコイ


英語表記
Donskoy

原産国
TICA・FIFe

公認団体
ロシア

毛種
短毛種

ドンスコイの歴史

1987年のこと、ロシア南西部のロストフ・オン・ドンという町で発見された猫がドンスコイです。その地で教育に携わる仕事をしていたエレナ・コバレーバという女性は、ある時、サッカーに興じている子どもたちに衝撃を受けました。彼らがサッカーボールとして使っていた袋には生きている子猫が入っていて、蹴られたり投げられたりという恐怖のあまり、鳴き叫んでいたのです。エレナは袋を取り上げて子猫を救出し、家に連れて帰りました。バーバラと名付けられたその子猫は、毛のないままに成長し、成猫になりました。

その2年後、バーバラは自身と同じように無毛の仔猫を生みました。毛のある子猫もいましたが、成長とともに次第に毛が抜け落ちていく子もいました。バーバラにかかわる人たちは、毛のない子猫は病気に違いないと考えて、猫たちを処分しようと考えるようになりました。そんな猫たちのことを伝え聞いた猫のブリーダー、イリーナ・ネミーキナは、彼らの命を救うため、引き取ることにしました。そして、ネミーキナによって、ロシアのこの無毛の猫たちは新しい猫種であることが確認されたのです。
ネミーキナは、毛のない猫種として知られていたスフィンクスと、バーバラが発見された場所の近くにあるドン川から名前を取って、ドン・スフィンクスという猫種名を与えました。
1997年に新しい猫種として登録したFIFeではドン・スフィンクス、 2005年に登録したTICAでは、同じ猫種をドンスコイという名前で呼んでいます。

さらに2000年には、ロシア隣国のウクライナで、ドンスコイとスコティッシュフォールドを交配したウクラニアン・レフコイという猫が作出されました。ドンスコイ同様、ほとんどが無毛の個体で、耳はスコティッシュフォールドのように折れ曲がっています。世界的な認知を得つつあり、数も少しずつ増えているドンスコイと異なり、ウクラニアン・レフコイはウクライナとロシアを中心に200頭あまりしか存在しない希少種となっています。

ドンスコイの特徴

くさび型の頭に平らな額、頬骨は高く張っていて、鼻筋はまっすぐでわずかにストップがあります。耳は大きく、先端はわずかに丸く、頭部の両端に着く立ち耳です。つり上がってきりりとしたアーモンド形の眼です。
筋肉質でしっかりした首と身体、足は長く、後ろ足がやや長めです。しっぽは体とバランスが取れた長さで、うっすらと毛が生えていることもあります。
また、雌よりも雄の方が大きくがっちりとした体をしています。

しかし、何といってもドンスコイの最も際立った特徴は、毛のない全身と顔や身体の大きなしわでしょう。
劣性遺伝であるスフィンクスと異なり、ドンスコイの無毛タイプは優性遺伝であり、繁殖での出現度が高いとされています。

ドンスコイの性格

好奇心が強く活発で、人といることを非常に好みます。
子どもや犬など他のペットとも仲良くできますが、やや依存心が強い傾向があります。

ドンスコイの飼い方

仔猫から若い成猫のうちは、大変活発です。走り回れる場所やキャットタワー等を用意してあげましょう。
また、人と遊ぶことを好みますので、おもちゃなどでたくさん遊んであげましょう。

賢くしつけがしやすいものの、依存心も強く、家族のそばにいたがります。かまってほしさのあまり、高いところから飼い主の肩の上に飛び降りたり、床やソファから飛び上がってしがみついたりしようとすることもあります。
また、留守番が長い家ではストレスになります。相性の良いもう1頭や、犬などのペットを一緒に飼育するのも良いでしょう。

被毛がない、または極度に薄いため、冬は寒がります。室温に注意して、寒い季節は服を着せてあげましょう。
被毛はありませんが、人間同様に汗をかいたり、皮脂を多く分泌しますので、定期的に洗ってあげたり、温かいタオルで体をていねいに拭いてあげましょう。

ドンスコイの毛色

無毛のラバーボールド、フロックド、ベロア、有毛のブラッシュの4種類があります。
ラバーボールドやフロックド、ベロアの場合、子猫のうちは部分的に毛が生えているものの、生後3年までにすべて抜け落ちてしまう場合がほとんどです。ブラッシュの場合、温かい季節になると毛が抜けてしまい、冬になると生えてくるというサイクルを持つ個体も多く、全身を覆うのではなく首や頭部、背中など身体の一部に生えてきます。
皮膚の色には多くのバリエーションがあります。

ドンスコイの気を付けたい病気

ドンスコイは基本的に健康な猫種ですが、被毛がないことから、皮膚疾患や紫外線、気温に注意する必要があります。陽射しのあたる窓側にはUVカットガラスやカーテンをしっかりとかけておき、すきま風などにも注意しておきましょう。

免疫力の弱い子猫や老猫では皮膚への真菌・細菌感染が起こりやすいとされています。皮膚は衛生的に保つよう心がけ、しわのあいだもていねいに拭き取ってあげましょう。
また、木製の家具や床にはささくれのないように気を付けておきましょう。

ドンスコイへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ドンスコイにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ドンスコイの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのドンスコイ子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ドンスコイの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ドンスコイの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険