デボンレックスブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - デボンレックス    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

デボンレックス


英語表記
Devon Rex

原産国
イングランド(イギリス)

公認団体
CFATICAFIFeGCCF

毛種
短毛種

デボンレックスの歴史

イギリス南西部のデボン州は国内3番目に広い州で、推理作家アガサ・クリスティの生地として知られています。1960年、古くから鉱業や酪農で栄えたこの町の廃坑近くで、ベリル・コックスという英国人女性が巻き毛のオス猫を見つけました。コックスは、この猫の捕獲を試みますが失敗。オス猫にトムというあだ名をつけてその後も観察していましたが、ある時、自宅近くの公園に住み着いたメス猫が産んだ子猫の中に、トムと同じ巻き毛を持つ子猫を見つけました。コックスはこのオスの子猫にカーリーという名前を付け、自らの手で育てることにしました。

これより10年ほど前の1950年、デボン州のとなりコーンウォール州で、コーニッシュレックスが発見され、育種が開始されていました。これを知ったコックスはコーニッシュレックスの繁殖家グループに連絡を取り、カーリーとの交配を試みました。しかし、生まれてきた子猫たちは全部が直毛でした。
2頭の持つ巻き毛の遺伝子それぞれが劣性遺伝であるにもかかわらず、2つ揃っても巻き毛が発生しなかったという状況から、2つの巻き毛は別の遺伝子であるということになります。同じイギリス国内、隣接する州で発見された同じ巻き毛の猫でありながら、それぞれが違う突然変異で巻き毛になったのです。2種類の猫たちは、小さな頭に大きな耳という特徴も一見すると同じようですが、耳の位置や鼻の形、ひげの毛質が異なっているなど少しずつ違いもありました。

飼い主のコックスは、カーリーはコーニッシュレックスではないとわかったため、カーリーと同じ性質を持つ猫を作出し、別の猫種として公認を得ることにしました。しかし、コーニッシュレックスと別の猫であることが分かった以上、同じ巻き毛を持つ交配相手はいませんでした。
実はコーニッシュレックスも同じ事情を抱えており、遺伝学者のアドバイスで計画的近親交配が行われ、個体数を増やしていました。コックスもこれに倣い、カーリーを彼の血を引く娘猫と交配すると、生まれた子猫の中にカーリーと同じ巻き毛の子猫を見つけることができました。
1970年、デボンレックスの基礎猫となったカーリーは、大変残念なことに交通事故で亡くなってしまいましたが、たくさんの子猫たちを遺しました。

イギリス国内ではこうしたいきさつが早くから伝わっていたこともあり、デボンレックスは1960年代に血統登録団体GCCFに新しい猫種として公認を得ることができました。
遠いアメリカでは長らく、デボンレックスとコーニッシュレックスは同じ猫種として扱っていましたが、アメリカの血統登録団体であるCFAは1979年、別の猫種として登録することになりました。

デボンレックスの特徴

くさび型の小さな顔に細い首、大きな耳と大きな目をもつセミ・フォーリンタイプの猫です。
標準的な体重は2.5kg~5kg程度とやや小型です。
特長的な巻き毛は、触れると柔らかく、巻き具合には個体差があります。

デボンレックスの性格

好奇心が旺盛で非常に活発な面は犬並みとも言われ、その巻き毛も相まって「プードルキャット」のあだ名が良く知られています。
依存心の強い甘えん坊で、家族や他のペットと一緒にいたがります。相手が人間の子供であっても同じことです。

デボンレックスの飼い方

大変な遊び好きで、興奮するとやや度が過ぎることがあり、マウスボールや羽のおもちゃなどを与えて目を離すと、めちゃめちゃに破壊されてしまいます。適当なおもちゃがなければカーテンやカーペットなどが同じ目にあいますので、十分に遊んであげる工夫が必要です。
高い所に上るのも大好きですので、キャットタワーはぜひ用意してあげましょう。
若猫時代まではバタバタと走り回ったりせわしない面も多く見られます。

依存心が強く、ひとりにされる時間が長いと精神的に参ってしまいます。
留守がちな家では他の猫や犬などのペットを一緒に飼育することを検討してあげたいものです。デボンレックスは、犬との相性が非常に良いことも知られています。

抜け毛が少ないのでアレルギーを持つ家族にも最適と伝えられることがありますが、これは誤解です。
短毛のシングルコートですが、抜けないわけではありませんので、定期的なコーミングやブラッシングは必要です。
寒さにやや弱い面があり、寒冷地や冬期はテレビや家電製品などの上に寝そべって暖を取るユーモラスな姿を見せることがあります。

デボンレックスの毛色

ホワイト、ブルー、ブラック、レッドやそのタビー、トーティなどあらゆる毛色が公認されます。
また、初期の猫種育成途上で長毛の猫が交配されたことがあったため、時々長毛の子猫が生まれることがあります。

デボンレックスの気を付けたい病気

デボンレックスは、基礎となるたった1頭の猫から発生した猫種であり、近親交配が避けられなかった歴史があります。そのため、皮膚や神経、血液や心臓、関節などに発生する遺伝性疾患がいくつか見られます。
これらは、てんかんや失神、肥大型心筋症、肘やひざの形成不全による脱臼などの症状として現れます。

また、デボンレックスは猫には珍しいB型、AB型の血液型の個体がいます。違う血液型を輸血された時の免疫拒絶反応が大きい傾向もあり、重大なケガや疾患で手術が必要になる場合に備えて、血液型を調べておくのが良いでしょう。

デボンレックスへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※デボンレックスにおすすめの人気商品をご紹介しています。

デボンレックスに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※デボンレックスに関するお役立ち・おもしろ記事をご紹介しています。

デボンレックスのお役立ち・おもしろ記事を見る

デボンレックスの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのデボンレックス子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※デボンレックスの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> デボンレックスの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペット保険みんなのペット保険