ボンベイブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - ボンベイ    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

ボンベイ


英語表記
Bombay

原産国
アメリカ

公認団体
CFATICA

毛種
短毛種

ボンベイの歴史

ボンベイはアメリカのケンタッキー州に猫舎を持っていたある繁殖者が、自分の人生の「遺作」として最高の猫をと考えて作り上げた新しい品種です。ニッキー・ホーナーは10代の頃から猫を愛し、ショウニー・キャッテリーのオーナーとなりました。ホーナーの猫舎はアメリカンショートヘアやバーミーズ、ヒマラヤンシャムなどを育種し、キャットショーでは何度も受賞する名門キャッテリーとなりました。
そんな彼女が作出したいと願った猫は、黒豹を小さくしたような美しい黒猫でした。

ホーナーは、アメリカンショートヘアとバーミーズを交配することで、理想の黒猫を作ろうとしました。
しかしその時に生まれた子猫は「貧弱なアメリカンショートヘア」にしか見えないと落胆したホーナーは、それから数年かけて理想の黒い猫を作ろうと試行錯誤を繰り返しました。
1965年、ホーナーはさらに熟慮して選んだバーミーズのオスとアメリカンショートヘアのメスの交配を行いました。翌1966年から1972年までの6年間、27頭の子猫を作り出しました。バーミーズのつややかな被毛とアメリカンショートヘアの金銅色の目を持った黒猫は、こうして作出されました。
この猫たちの姿がインドの黒豹に似ていると感じたホーナーは、新しい猫たちをインドの街にちなんでボンベイと名付けたのでした。

ホーナーの戦いは、ここで終わりではありませんでした。
27頭の猫たちを土台に、ボンベイを増やすことで遺伝の多様化をはかり、より優れた猫種として育てなくてはいけませんでした。ホーナーは27頭の猫の一部とその子猫たち106頭あまりの飼い主や協力してくれる繁殖者を探すことに、ホーナーは大変苦労しました。
特にバーミーズの繁殖者仲間からはボンベイに対する良い関心を得られることが難しかったと伝えられています。
ホーナーはボンベイの育種と選択繁殖のために、非常に多くの人たちから協力を得て、CFA登録の要件となる個体数の増加に取り組み、また愛好家クラブを設立しました。そして1976年、ようやくボンベイは新しい猫種としてCFAに登録され、以降1980年代には多くの猫血統登録団体も公認登録を行いました。
後の繁殖者たちの努力により、ボンベイはさらに1988年以降、アメリカのキャットショーで重要な賞を獲得するまでになったのです。
「繁殖者は生きている傑作を求めて努力する芸術家であり、私の猫たちは芸術的結実です」と語ったホーナーは、彼女の「遺作」である美しい黒猫・ボンベイを遺して、21世紀を迎えることなく世を去りました。

ボンベイの特徴

小型の黒豹のような体格に金銅色の大きな目をしているのがボンベイの特徴です。
ゆるやかなクサビ型の頭部に短めの鼻、大きな目は1ペニー硬貨のサイズとも言われます。
ボンベイは黒くつややかな短毛に覆われた無駄のない美しい筋肉を持つ、中型のセミコビータイプです。
標準的な体重は3kg~5kg程度とされています。

ボンベイの性格

ボンベイはアメリカンショートヘア譲りの明るい性格と、バーミーズから受け継いだ愛情深さがある猫です。
家族の中の特定の一人を熱愛するタイプではなく、子供や他の猫などのペットを含めた家族の誰とでも仲良くします。
コミュニケーションの取りやすさは時に犬のようだとも言われます。賢く活発な性格で遊び好きです。

ボンベイの飼い方

ボンベイは活発で好奇心が強く運動が好きな猫です。高い所も好きなので、キャットタワーを用意したり、チェストの上などは整理しておきましょう。
ボールを投げて取って来ることを教えたり、リードをつけて散歩に行く、名前を呼べばやってくるという飼い主の話が散見され、犬のようだと言われる性格や知性を裏付けているようです。
しかし、十分にかまってやらないと注意を引くために、部屋を散らかすなどいろいろな手段を取ることがありますので、注意が必要です。

ボンベイは短毛ですので被毛の手入れは難しくありません、定期的なブラッシングやコーミングでかまいませんが、独特の美しい被毛を常に維持したいようであれば、週に1度はブラッシングを行いましょう。

ボンベイの毛色

ボンベイは短毛でブラックに限りますが、育種の過程でバーミーズを交配していましたので、ごく稀にブラウン(セーブル)の毛色が生まれることがあるようです。
また、目の色はグリーンやブルーではなく、金銅色(アンバーまたはカッパーゴールド)に限ります。

ボンベイの気を付けたい病気

バーミーズとアメリカンショートヘアのハイブリッドであるボンベイは、それぞれの猫がかかりやすい疾患の傾向を受け継いでいます。
バーミーズは歯周病などの歯科疾患が比較的起きやすいことが知られています。高齢になるほど歯石がたまりやすく、歯根から入った菌が他の臓器の疾患の原因になることもあります。
猫には磨きをするのはやや難しいですが、できるだけ子猫のうちから、歯磨きに慣らしておきたいものです。

ボンベイのもうひとつの祖先猫であるアメリカンショートヘアは肥大型心筋症の好発猫種として知られています。
この病気は中高齢以降に発症することが多いのですが、重篤な場合は若いうちから発症することもあります。
いずれの場合も薬で進行を遅らせて体も楽になりますので、「最近元気がないな」と思ったら、年のせいばかりにしないで動物病院を受診しましょう。

ボンベイの価格相場

グループサイト、『みんなのボンベイ子猫ブリーダー』における、直近1年間の子猫ご成約時の平均価格は約25万円、最高価格は34万円、最低価格は15万円です。
※一般的に子猫の価格は猫種スタンダードに近いかどうか、血統、顔、毛色、体の大きさ、月齢などの要因で変動します。

ボンベイのブリーダーを見る

ブリーダー情報から、グループサイト 『みんなのボンベイ子猫ブリーダー』ブリーダー紹介ページへと移動します。 ※みんなの猫図鑑では子猫に優しいブリーダー直販を推奨しています。

  • 動物取扱業登録番号
    北海道第011010178号 (確認済み) ※有効期限:2020/12/19
  • 動物取扱業登録番号
    第0412 30034 005号 (確認済み) ※有効期限:2017/06/03
  • 動物取扱業登録番号
    第10236号 (確認済み) ※有効期限:2019/02/23
  • 動物取扱業登録番号
    桑販第23-5号 (確認済み) ※有効期限:2021/05/15

ボンベイへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※ボンベイにおすすめの人気商品をご紹介しています。

ボンベイの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのボンベイ子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※ボンベイの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> ボンベイの飼い主さんブログ紹介を見る
みんなのペットコミュニティ ミテミテみんなのペットコミュニティ ミテミテ みんなのペット保険みんなのペット保険