オホサスレスブリーダー子猫販売    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販

オホサスレス


英語表記
Ojos Azules

原産国
アメリカ

公認団体
TICA

毛種
短毛種

オホサスレスの歴史

スペイン語で「青い目」の意味を持つオホサスレス(Ojos azures)は、育種中の猫種として1991年にTICAに登録された極めて新しい猫種です。
オホサスレスが確認されたのは1984年、アメリカ・ニューメキシコ州の自然あふれる地域で、トーティシェル(黒茶のサビ柄)の毛色と青い目をもつメス猫でした。コーンフラワーという愛称で呼ばれていたこのメスはある時子猫を生みましたが、その子猫たちは全員がコーンフラワーと同じ青い目をしていました。交配相手のオスはフーディというごく普通の黒い猫で青い目ではなく、顔や体にわずかに白いスポットやマークがありました。この交配で生まれた子猫たちから、コーンフラワーの青い目は優性遺伝である可能性が強く示唆されたのです。

通常の猫の青い目の遺伝子は、毛色を薄くしたりポイントが現れたりする形で発現することがあります。この遺伝子は遺伝性の聴力障害や、斜視などの眼疾患、神経異常を引き起こす場合もあると知られています。また、トーティシェルの場合、非常にまれですがオッドアイとしてブルーとグリーンの組み合わせの目を持つ個体が現れます。しかしコーンフラワーには斜視や聴力障害もなく、サイアミーズなど広く飼われているブルーアイの猫たちよりもさらに深く濃い青い目をしていたのです。コーンフラワーと、毛色が異なる子供たちの青い目の遺伝は、毛色とは関係のない部分で引き継がれていることも示唆されました。

その後の研究で、アメリカの他の州やオーストラリアでも同じように青い目と濃い被毛の猫が見つかったことから、コーンフラワーのような青い目の突然変異は定期的に起きていると考えられるようになりました。また、青い目をもつ個体同士を交配すると、頭蓋骨や全身の骨格に異常がある猫が生まれ、多くは死産となることもわかりました。青い目でない個体を交配すると、50%の確率で青い目とそうでない目の仔猫が生まれます。生まれてくる猫の半分が期待される青い目でない可能性から、この猫種を手がけることに積極的になれない繁殖家も多く、オホサスレスはさらに希少な猫となっているのが現状といえるでしょう。

こうした状況を踏まえ、TICAでは引き続きオホサスレスの育種を見守りながら、正式な猫種として認めるかどうかを検討しています。
また、当初は短毛種だけと交配していたオホサスレスですが、中毛~長毛の個体も生まれるようになったため、オホサスレス・ロングヘアの猫種登録も検討されています。

オホサスレスの特徴

やや丸みのある三角形の頭部に丸い額、つんとした鼻は鼻根にわずかにブレークがあります。アーチ形のすんなりとした首、体の大きさは中型で体重は3~6kg程度です。足先はコンパクトで、前足より後ろ足がわずかに長い体型をしています。
オホサスレスの最大の特長は青い目の色で、淡い青~濃い青、グレイッシュブルーなど幅があります。また、他のブルーアイの猫との違いとして、尾の先や手足の先、体の一部などに白いスポットが入ります。
なお、オホサスレスは新しい猫種であり、猫種の健全な育成のため、作出目標とされる容姿の基準が変更される可能性があります。

オホサスレスの性格

活発で人懐こく、愛情深く、おちゃめな面があるとされています。子どもや他のペットとも礼儀正しく付き合うことができます。

オホサスレスの飼い方

オホサスレスは活発な猫で、特に若い猫は運動を好みます。おもちゃで遊んであげたり、十分な高さのあるキャットタワー等を用意してあげたりと工夫しましょう。

同じ青い目の猫であるサイアミーズなどと比べて、オホサスレスは依存心はそれほど強くない個体が多いようです。サイアミーズのようによく鳴いて話しかけたり、飼い主の肩に飛び乗ってきたりすることは少ないようですが、一人でいるのが好きなタイプでもありません。
留守番が多い家庭では、他の猫や犬など他のペットを一緒に飼育するのもよいでしょう。

オホサスレスには短毛と長毛があります。毛の長い個体は週に1~2度、短毛の個体も月に数度はコーミングなどで無駄毛を取り除いてあげましょう。また、室内に猫草を用意してあげたり、ヘアボールコントロールのできる食事を定期的に与えるのも良いでしょう。

オホサスレスの毛色

全身白以外のあらゆる毛色があります。他のブルーアイの猫種との区別をつけるために、手足やしっぽの先に白いスポットが入る個体が好ましいとされています。
なお、全身白の猫で両目青色の個体は従来から存在し、遺伝性疾患をもつ可能性が高いため、オホサスレスとは異なるとして区分されています。

オホサスレスの気を付けたい病気

オホサスレスは自然の中にいた突然変異の個体が発見されたもので、遺伝的な疾患が少ない猫とされています。しかし、今後の育種の過程で遺伝的多様性が小さくなり、何らかの疾患が起きやすくなる可能性もあります。
また、青い目同士のオホサスレスを交配すると極めて高い確率で死産や奇形が頻発しますので、避けることが大切です。

オホサスレスへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※オホサスレスにおすすめの人気商品をご紹介しています。

オホサスレスの飼い主さんによるブログ

下のリンクよりグループサイト『みんなのオホサスレス子猫ブリーダー』ブログ紹介ページへ移動します。 ※オホサスレスの飼い主さんによるブログをご紹介しています。

> オホサスレスの飼い主さんブログ紹介を見る