コラットブリーダー子猫販売   みんなのペットライフ - コラット    みんなのペット健康専門店 - キャットフード・猫用品の通販サイト

コラット


英語表記
Korat

原産国
タイ

公認団体
CFATICAFIFeGCCF

毛種
短毛種

コラットの歴史

シャム、バーミーズとともに、タイ王国に古くから存在する猫がコラットです。
タイ北東部のコラット地方に自然発生した猫種で、タイ語で「シ・サワット」(幸運と名声をもたらす猫)と呼ばれてきました。コラットの名前を与えたのは、ラマ5世と言われています。
コラットは少なくとも、アユタヤ王朝の時代にあたる500年ほど前から存在しているとされ、当時の書物や絵画にもその姿をとどめています。しかもその姿は現在のコラットとほぼ変わりなく、人為的交配で手を加えられたことが非常に少ない、土着の純血種として素晴らしい容姿を保ち続けて来たという奇跡的な歴史をうかがい知ることができます。

コラットは原産国タイでも貴重な猫とされ、人々の幸福にまつわる逸話が伝えられています。
主食を米とするタイでは、稲作を行う北東部の農村において、雨乞いの儀式の時にコラットに水を振りかけ、干ばつにならないことを祈ります。
また、コラットは結婚祝いの贈り物として使われ、長い間金銭で売買されることはありませんでした。コラットはハート形の頭をしており、目の色は宝石(ペリドット)の色であり、幸福をもたらす銀の毛皮をまとっている、大変縁起の良い生き物として、新婚家庭に贈られてきたのでした。

1880年代になると、コラットはイギリスのキャットショーに初めて出陳されましたが、この時はシャムのカラーバラエティとして紹介されました。
アメリカには1959年にジーン・ジョンソンが紹介し、1965年にCFAで猫種として公認されました。
イギリスでは1975年にGCCFに登録されています。

コラットの特徴

筋肉質で無駄のない曲線の構成をした、中型のセミコビーです。標準の体重は2.5kg~5kg程度です。
この猫の大きな特徴は頭骨の形がハート型で構成されています。
頭部は丸型でもくさび型でもなく、コラット独特のハート型をしており、他の猫では例を見ない形です。
ブルーグレーの短毛で、成猫に達する頃には、グレーの毛先にシルバーのティッピングが入り、光が当たったような銀灰色に見えます。
目はグリーン、ヘーゼル、イエロー、ゴールドの4タイプが見られますが、特にグリーンは特徴的なペリドットグリーンです。

コラットの性格

落ち着いた静かな猫ですが、家族の中でみんなと仲良くするというよりは、お気に入りの誰かのそばにいたがることが多い猫です。かまってやらないとすねるなど、溺愛ずる飼い主を見透かしたように振り回しながら、要求を通そうとする賢さがあります。
プライドが高く頑固な面があり、他の猫や犬などのペットとも平和的に過ごせるものの、常に自分が上位と考えているような振る舞いが多くみられます。
比較的よくしゃべる猫で、警戒する時は警報のような大きな声で鳴き、家族に話しかける時は顔を見るように話しかけます。

コラットの飼い方

遊び好きで活発、特に若猫時代まではかなりの活動量が必要となります。
高い所にのぼるのも好きですので、キャットタワーなどを用意してあげましょう。
身体の大きさの割に心身ともに発達に時間がかかるタイプで、シルバーティッピングの美しいコートやペリドットグリーンの目になるまで4年程度はかかるものと考えておきましょう。精神的に落ち着いてくるのも同じころの年齢です。それまでは多くの運動と遊びが必要です。

賢く観察力があるため、足場があれば、高所の吊戸棚なども開けて中に入ってしまいます。
扉や鍵の開け閉めや水洗トイレを流すなど、様々なエピソードが伝えられていますので、危険防止の管理を十分に行いましょう。
人に話しかけるなどのコミュニケーションが好きな猫ですので、お手やお座りなど犬と同じようにしつけをする家庭もあるようです。プライドの高い猫ですので、ほめてしつけるのが良いようです。

短毛ですが密に生えたシングルコートですので、手入れは難しくありません。定期的にブラッシングかコーミングをしてあげましょう。

コラットの毛色

シルバーティッピングの入ったブルーのみとなりますが、ライラックやポイントの入った毛色が時々生まれることがあります。近年、それらを別の猫種に独立させようという動きが、イギリスを中心としたヨーロッパで起こっています。

コラットの気を付けたい病気

米国では平均寿命15才程度と報告されており、コラットは比較的頑健な猫であると言えましょう。
起こりやすい病気としては、一般の猫にしばしば起きる膀胱炎や尿結石、高齢になると腎不全などがあります。
子猫や高齢猫、病中病後など免疫力が落ちている状態では、感染症による呼吸器疾患にかかりやすいという報告もあるようです。

コラットはプライドが高く精神的に弱い面があり、ストレス性の脱毛を起こしたり、指先や足をしつこく舐めることがあります。長時間の留守番などでひとりぼっちにさせることがないようにしてあげたいものです。

症例数は極めて少ないものの、GM1あるいはGM2と呼ばれる神経と筋肉が冒される遺伝子疾患を発現する個体があります。遺伝子検査によって確認できますが、治療は難しい経過をたどることが多いようです。

コラットへのおすすめ商品

商品情報から、グループサイト 『みんなのペット健康専門店』商品ページへと移動します。 ※コラットにおすすめの人気商品をご紹介しています。

コラットに関する記事

記事から、グループサイト 『みんなのペットライフ』ページへと移動します。 ※コラットに関するお役立ち・面白い記事をご紹介しています。

コラットの記事を見る